So-net無料ブログ作成

雨ばかり [季節]


 9月の第4週が終わろうとしている。

 敬老の日と秋分の日。同じ週の中に祝日が2日もあるというラッキーな週だったのだが、結果的には雨の日がずっと続いた。もっともそれは、今週に限ったことではない。東京について言えば、8月の中旬以降、今年はずいぶんと雨の日が多かった印象がある。

 雨というと、一年で一番雨量が多いのは梅雨の時期だと、私たちは勝手に思い込んでいる。しかし、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の各年の平年(=1981~2010年の平均)の月別雨量を調べてみると、実際にはそうではない。名古屋・東京・仙台・札幌では9月の雨量が一年で最も多く、中でも東京と札幌は10月の雨量も梅雨の時期より多いのだ。
rainfall in a month-01.jpg
(平年の月別降水量)

 秋雨というと、
 犬痩せて山門寂し秋の雨 (正岡子規)
 お客といへば私一人の秋雨ふりしきる(種田山頭火)
のように、我々の季節感としては秋ももう少し深まった頃をイメージすることが多いのだが、実際には秋雨の中心は9月なのである。

 ところが今年の場合は、雨の多い9月がやって来る以前に異変が起きていた。東日本について地域別に各月の雨量を見てみると、総じて梅雨の時期は平年値を若干上下する程度だったのに対して、8月の雨量が各地で軒並み平年値の2倍もあったのだ。とりわけ北海道では、6月の雨量が平年の2.5倍に近い記録的な多雨となり、続く7月も平年値の1.3倍ほどの雨量であったのだ。
rainfall in a month-02.jpg
(2016年の月別降水量の平年比。9月は14日までのデータ)

 北海道で6月・7月に雨が多かったのは、高気圧の張り出し位置が例年とは異なり、低気圧の通り道となったこと、その時期としては異例の強い寒気が次々にやって来たことなどが原因だという。そして、8月には東からの高気圧の張り出しが弱かったために、例年この時期なら西へ向かうはずの台風が、本州東方の海を北上して北海道へと向かった。8月17日に台風7号、21日に11号、そして23日には9号が相次いで道東に上陸し、各地で大雨。こんな事態はおそらく過去に例を見なかったことだろう。
3 typhoons.jpg

 更に8月の終わりには、”出戻り”台風10号がこれに追い討ちをかけた。関東の南東海上で8月19日に発生した10号は、25日までの間は南西方向へと進み続け、日本列島からは遠く離れていたのだが、26日からは方向を完璧に逆転させてほぼ元の位置へ戻る。そして、29日の午後からは少しずつ左カーブを始め、30日の夕刻に、気象観測が始まって以来のことながら三陸海岸に上陸。岩手県と北海道に大雨をもたらした後、日本海へと抜けてようやく温帯低気圧になった。(因みに、この低気圧はその後も更に左カーブを続け、北朝鮮に甚大な洪水被害をもたらしている。)
T1610.jpg
(迷走した台風10号)

 上陸が3個に接近が1個。8月だけで4個の台風の影響を受けた北海道の被害は深刻だ。とりわけ交通インフラが大きなダメージを受けた。9月22日現在でも道内の多くの地域で道路の通行止めが続いている。
hokkaido-01.jpg
(9月22日現在の道路通行止めの箇所)

 特に注目すべきは、北海道の中心部を背骨のように南北に走る山脈を道路や鉄道が越える箇所だ。具体的には、富良野や占冠(しむかっぷ)と帯広の間の山越えの区間である。そこには石狩山地から日高山脈へと続く山々が南北に連なり、西側には同様に夕張山地が南北に走り、上川地方・日高地方・十勝地方を隔てる分水嶺となっている。
hokkaido-02.jpg

 これに対して、背骨を横断して東西方向に走るのが国道78号線と274号線なのだが、前者が狩勝峠付近で、そして後者が日勝峠付近でいずれも土砂崩れ等によって甚大な被害を受け、現在も通行止めが続いている。(このあたりでは目下のところ、道東自動車道が唯一通れる道路であるようだ。) そして、この付近を通る鉄道・根室本線が広範囲にわたって橋梁や路盤の流出で寸断され、「少なくとも11月末まで運転再開は困難」ということしかわかっていない。根室本線の富良野・芽室間の不通が続いているために、新狩勝トンネルを根室本線と共有している石勝線の特急列車も、札幌発のトマム止まりになっている。
https://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/160923-1.pdf

 新狩勝トンネルの前後の根室本線をもう少しクローズアップしてみると、トンネルの富良野方には幾寅(いくとら)、帯広方には新得(しんとく)という駅がある。(幾寅駅は、健さん主演の映画『鉄道員(ぽっぽや)』で「幌舞(ほろまい)」駅としてロケに使われたことで知られている。)
hokkaido-03.jpg

 幾寅と新得は共にアメダスの気象観測地点でもあるので、気象庁のHPから降水量のデータを拾ってみると、既に述べた通り今年の6月・7月の降水量は例年よりもかなり多く、この2ヶ月の累積の降水量が幾寅では平年の1.9倍、新得では2.0倍に達していた。そこへ追い討ちをかけたのが8月の4個の台風だ。これによって8月1ヶ月に幾寅で平年の3.5倍、新得では3.1倍の量の雨が降った。これほどのダメ押しがあれば鉄道が寸断されてしまったのも無理のないことだろう。
hokkaido-04.jpg
(幾寅と新得:2016年8月の日別の降水量)

 根室本線の鉄路がこの区間に建設されたのは意外に早く、明治40年のことである。険しい地形の続く箇所だから、これまでにも自然災害による鉄道施設の損壊はあったのだろうが、今回ほどの大きな被害を受けたのは、来年で110年になるその歴史の中でも初めてなのではないだろうか。根室本線の他に、石北本線の上川・白滝間でも列車の運転見合わせが続いている他、高波による被害で昨年1月から運休が続いている日高本線の鵡川(むかわ)・様似(さまに)間は今回の一連の大雨で更に壊滅的な被害を受けたそうで、この区間はまさに廃線の危機に直面している。

 大雨の続いた北海道では、トウモロコシ、タマネギ、ジャガイモなどの栽培に大きな被害が出ただけでなく、根室本線や石北本線の不通によってそれら農産物の貨物輸送にも大きな支障が出ているという。貨物列車とトラックとでは一回に運べる貨物の量が格段に違うから、関係者にとってこれは非常に厳しいことだろう。こうした事態を目の前にして、交通インフラの大切さを私たちは改めて認識することになる。北海道は冬の訪れが早い。まして山間部では道路や鉄道の復旧工事も難儀を極めるはずである。順調な工事の進捗を祈るばかりである。
http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/20160901_taifu10.pdf

 シルバーウィークの最後の祝日となった9月22日(木)。この日は家内の誕生日なので、我が家では家族揃って午前11時の開店と同時に浅草の老舗の鰻屋に入った。(寛政年間の創業で、幕末期には勝海舟とジョン万次郎が連れ立って訪れたとされるお店である。) ところがこの日も朝から雨が結構強く、私たちが鰻重や白焼を楽しんだ後も浅草は土砂降りの雨。数多くの外国人観光客たちはビニールの雨合羽姿で天を仰いでいた。

 そして、週末。9月24日(土)も結局は昼から雨。それも一時はかなり強く降った。明日の日曜日は、東京地方の天気予報では少なくとも傘マークがなくなったが、さて、どうなることやら。

rainfall.JPG

百年前の国際都市 [読書]


 中国・浙江省の杭州で開かれていたG20の会合が終わった。

 「中華民族の偉大なる復興」を掲げ、領海問題で周辺諸国と摩擦を起こしている中国の習近平政権は、G20の場で南シナ海問題が取り上げられることの回避に全力を挙げる一方、国内向けのポーズも必死に作らなければならなかったようだ。オバマ米大統領の到着時にタラップを用意しなかったり、日中首脳会談の時だけ会場に国旗を用意しなかったり。自称「大国」が何とも大人気ないじゃないかと我々は思ってしまうが、そうでもしないと国の中で生き残って行けないのが中国社会の辛さなのだろう。

 それにもかかわらず、街に出れば相変わらず訪日中国人の数は多い。そしてリピート率も高いという。彼らにとって、両国の政府レベルの対立と個人が訪日旅行を楽しむこととは明らかに別物なのだろう。そして、多くの中国人が個人レベルで日本の実像への理解を深めていくことは、わが国にとっても悪いことではないはずだ。
Chinese in Tokyo 08.jpg

 今から100年ほど前にも、中国人の訪日ブームがあった。但しそれは、今日のような庶民レベルのものでは勿論なかった。

 「辛亥革命前後の1900年代初頭から20年代にかけて、日本の年号でいえば明治から大正初めの頃、日本には中国人の留学生があふれていた。明治維新を成し遂げた日本はアジアでいち早く近代化を実現した国であり、清国で「日本ブーム」が巻き起こったからである。日本の成功に学ぼうとやってきた留学生は、最も多い時期には一万人近く日本に滞在し、その九割が帝都東京に住んでいたという。」
 (引用書後述)
Chinese in Tokyo 07.jpg
(清国からの留学生のための教育機関だった弘文学院)

 20世紀の初めのこの「日本ブーム」。それには日露講和と同じ年に中国で科挙が廃止になったことも大きく影響していたという。これからは四書ではなくて日本に学べ、という訳だが、何と言っても激動の時代。日本にやって来たのは決して留学生だけではなかった。

 「その一方、清朝の若き皇帝・光緒帝を戴いて、衰退の一途をたどる国政を改革しようと試みて失敗した「改良派」の知識人も亡命してきた。
 (中略)
 やがて孫文や梁啓超の次の時代を担う者たち――中国共産党を作った陳独秀や李大釗、それに周恩来、李漢俊、董必武といった中国共産党の主要メンバー、魯迅、郭沫若、郁達夫ら文学青年たちも留学生活を送るようになった。
 つまり、二十世紀前半の帝都東京には、多種多様な中国人が集まっていたのである。革命家は日本を出たり入ったり、知識人や学生は最新流行の社会主義思想に関する書物を読みふけり、翻訳や雑誌作りに熱中し、談論風発した。無論、遊びほうけていた学生も少なくない。」
 (引用書後述)

 そんな中国人たちが巣食い、蠢いていた早稲田、本郷、そして神田神保町。そうしたエリアにスポットを当て、東京に身を置きながら20世紀初頭の中国革命に係わった中国人たちのエピソードの数々を紹介した新刊書が、『帝都東京を中国革命で歩く』(譚璐美 著、白水社)である。
Chinese in Tokyo 00.jpg

 「かつて、早稲田界隈にはチャイナタウンがあって、旅館や料理店、床屋の店先に清朝の国旗・黄流旗が翻っていたという。神田には清国留学生のための日本語学校や留学生クラブがあり、郷土料理を出す食堂があった。神楽坂や飯田橋界隈には、革命家たちが密談を交わした料亭があり、中国同盟会が生まれたのは虎ノ門のホテル・オークラ本館がある場所である。」
 (引用前掲書)

 ここに挙げられたエリアは、私にとってはいずれも若い頃から馴染みのある街ばかりだ。そんなことも手伝って、本書を興味深く読むことになった。

 この時代に日本から中国革命に係わった先駆者かつ最大の有名人は、何といっても孫文(1866~1925)だ。1895(明治28)年に広東省・広州で反清朝の最初の武装蜂起を企てるも失敗。早くも日本に亡命している。以後はロンドンに渡り、再来日して宮崎滔天や犬養毅らと交流。更に何度も中国で武装蜂起を企てるがいずれも失敗。しかしそれにも決して挫けず、1905(明治37)年に東京で革命諸派が合同して中国同盟会が結成されると、孫文は総理に就任。そして、1911年に辛亥革命が勃発すると、滞在していた米国から急ぎ帰国し、翌年には中華民国臨時政府の臨時大総統に就任。だがその直後に袁世凱との駆け引きに敗れ、再度日本に亡命することになる。
Chinese in Tokyo 04.jpg

 「『三民主義』を説いても周囲に理解されず、革命を鼓舞しても盛り上がらず、テロリスト扱いされて世界中を逃げ回った。頼みにした華僑からは『孫大砲』(ほら吹き)だと笑われた。」
 (引用前掲書)

 それでもめげず、「世界中を巡って遊説し、日本に都合十数回訪れ、通算すると九年以上滞在したことになる」孫文。「カリスマ性があり、人望があり、なにより金集めができた」この男が最も高い知名度を持つのは当然なのだが、本書はこの孫文については最終章でサラッと扱うだけで、その他の人物たちの様々な生き方に寧ろスポットライトを当てている。

 日清戦争に敗れた後、清朝の光緒帝が進めようとした変法自強運動が西太后の軍事クーデター「戊戌の政変」で潰され、失意のどん底のまま日本に亡命した梁啓超(1873~1929)。(彼は革命家ではなく、旧体制の下での改革派だったのだ。) 軍人になりたくてなりたくて、後先のことをよく考えずに日本に来てしまったという蒋介石(1887~1975)。湖南省出身の革命家で、孫文と共に東京で中国同盟会を結成、辛亥革命が成ると中華民国の陸軍を統率、その風貌から「中国の西郷隆盛」と呼ばれた黄興(1874~1916)。日本語の学力が足りなかったために高等師範や一高に入れず、日本滞在中は屈折した思いを抱え続けた周恩来(1898~1976)・・・。
Chinese in Tokyo 05.jpg
(「変法自強」の夢破れた梁啓超)

Chinese in Tokyo 03.jpg
(「中国の西郷隆盛」 黄興)

 そんな多士済々の中で、本書を通じて私が最も興味を持ったのは、あまり知られていないが中国初の憲法である「臨時約法」の原案を作成したという「埋もれた天才」・宋教仁(1882~1913)のことである。前述の黄興らと共に武装蜂起を企てて失敗して上海に逃亡し、ついでに日本へやって来た。彼が22歳の年である。

 「早稲田大学清国留学生部予科に入学した宋教仁は、下宿先を早稲田大学の裏手にある「瀛州筱処(いんしゅうゆうしょ)」に定めた。(中略)早稲田大学中央図書館前のグランド坂通りを下り、新目白通りの信号を渡って、向かい側の道を一本裏通りに入ったところで、ちょうどローガロイヤルホテル東京のはす向かいに位置する。早稲田大学から徒歩で四、五分といったところだから、おそらく湖南省出身の留学生たちが集う学生寮か下宿だったのだろう。」
 (引用前掲書)
Chinese in Tokyo 01.jpg
(宋教仁の下宿があった場所。左は1909(明治42)年当時の地図)

 その翌年(1905年)に孫文・黄興らの中国同盟会が東京で結成され、宋教仁は機関誌の執筆・編集を担当。だが、孫文とはどうしても馬が合わず、翌年には神経衰弱に陥ってしまう。そして、1910年に孫文が九度目の武装蜂起に失敗すると、宋教仁は遂に孫文と決別して「中部同盟会」を組織。外国勢力に頼らず、揚子江流域で革命勢力のネットワークを広げ、翌1911年に武昌蜂起が起こると、雪崩をうつようにして辛亥革命が成功した。要するに革命の成就は宋教仁の戦略が当たったからなのだが、世間では孫文の名声だけが響きわたり、米国から「凱旋」のように帰国して中華民国臨時政府の臨時大総統に就任してしまった。

 実務能力は孫文よりも遥かに高いのに、神経質過ぎて他人と折り合えず、人望を集められない宋教仁。それでも彼は新生中華民国の骨格作りに邁進し、憲法の原案作りや二院制議会の制定に尽力。初の議会が開かれれば首相への指名は確実と見られていた。
Chinese in Tokyo 02.jpg
(「埋もれた天才」 宋教仁)

 だが、宋教仁の内閣が大総統の権限を大幅に狭めることを嫌った袁世凱が刺客を放つ。1913年3月20日の夜、宋教仁は上海駅の改札口で凶弾に倒れ、その二日後に息を引き取った。享年31歳。適切な喩えかどうかわからないが、明治新政府における江藤新平のような悲運の人物と言ったらいいだろうか。

 そんな宋教仁は大変な勉強家で、並み外れた読書家でもあったという。北京・南京と東京に大量の蔵書を持ち、それが彼自身の「知の宝庫」であり、「東京は蔵書を通じて近代科学を授けてくれた『母なる場所』だったのである。」と、著者はその章を結んでいる。

 本書が描き出した時代から一世紀が経過して、日中間の力関係は大きく変わった。最近の“嫌中”や“嫌韓”の世論の中には、「相手が怪しからんから今直ぐ国交断絶!」という声もよくあるのだが、国と国との関係というのはそこまで単純なものではないのだろう。それよりも、中国の改革を目指す留学生たち、もっと先鋭に中国革命を夢見る革命家たち、著作を世界に向けて発信する文化人たちを100年前の東京が受け入れたような懐の深さが、今こそ必要なのではないだろうか。少なくとも、20世紀初頭という東アジアの激動の時代に東京の街が果たしていた役割を、私たちはもっと認識しておく必要があるのだろう。現代史は今の私たち一人一人に直接繋がるものなのだから。
Chinese in Tokyo 06.jpg

 100年前に日本にやって来た数多くの中国人たち。勉学や政治活動に勤しむ一方、未知の東京で安くて美味しい中華料理を如何にして食べるかは、彼らにとって切実な問題であったようだ。本書に取り上げられている、1899(明治32)年に神田・神保町に開店した小さな雑貨屋のことを、最後に記しておこう。

 「最初は名前もない小さな店だった。留学生が足しげく通って中国食材や雑貨品を買ううちに、求められて簡易食堂も兼ねるようになった。ピータン、塩卵、焼き飯、肉入り麺、豆腐料理、豚肉野菜炒めなど、ごく簡単な料理を出すだけだったが、下宿先で油物を口にできない留学生たちは喜び、評判になって繁盛した。
(中略)
 開店当時、留学生たちは店に集まって中国料理を食べながら、祖国の未来について話し合った。そして日本が明治維新で近代化を成し遂げたように、祖国の未来もそうであってほしいと願い、我が家同然のこの店に『維新號』と名づけたのである。」
 (引用前掲書)

 今は都心に4店舗を構える高級レストランも、元々はこんな風にして始まったのだ。その当時、『維新號』の小さなテーブルを賑やかに囲んでいたであろう清国からの留学生たちは、冥界から今の中国と日本をどのように眺めているのだろうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます